【士魂商才】(しこんしょうさい)


香港から帰国の機内映画で「海賊と呼ばれた男」を観てました。

すぐに影響されてしまいます^^

出光興産創業者である出光佐三氏の実話を元にした映画です。

その中で出てきたのが、

【士魂商才】(しこんしょうさい)

という言葉です。

『武士道の精神を持って、商いをする。』

この精神を基準としてビジネスの難局に立ち向かうストーリです。

足下のお金を拾うな。
高いところを見ろ。
3年でダメなら5年やれ。
5年でダメなら10年やれ。
それでも、ダメなら乞食にでもなるか・・・

印象的なシーンで出てくる言葉です。

つまりは、環境に負けて「志」を捨ててはならないという教訓です。
「志」を捨てるくらいなら、乞食になってでも出直す事を選ぼうという意図です。

大概の場合は、

3ヶ月でダメだったから、もうちょっと出来そうな事・・・
それでもダメならもっと簡単な事・・・

そうしていつの間にか足下のお金しか見えなくなるものです。

ビジネスのコアである「志」が消えてしまい
自分を見失ってしまう様になるのだと思います。

出光佐三の生き方は、坂本龍馬が目指した
海援隊の在り方にも凄く近く感じました。

環境としては、どう考えても彼らの時代よりは
現代は恵まれているのですから「志」だけは無くしてはならないですね。

「志」を無くしてビジネスをするくらいであれば
「志」のある人のために働いた方が総じて個人的には幸せだと思います。

出光佐三が石油を通して
日本の発展を願い「士魂商才」を追求した様に、
僕もBONIQを通して日本の食文化発展を願い
「士魂商才」を追求したい
と思います。




楽しんで頂けたらクリックお願いします^^

INTERNATIONALIST


こうした働き方をする貿易起業家【INTERNATIONALIST】に
興味ありましたらメルマガ登録してみて下さい。

世界の扉を自分の手で開きましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で羽田和広をフォローしよう!

Kazuhiro HADA

Kazuhiro HADAクリエイティブマーケティングコンサルタント

投稿者の過去記事

【肉体】を制御するのではなく、【志】を統率すべし。
【欲望】で制御するのではなく、【心】を統率すべし。
【思考】を制御するのではなく、【思想】を統率すべし。

さぁさぁ、世界の話でもしましょうか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者情報

羽田和広
プロフィールというか、主張はコチラ 社会に取って有意義な仕事と人間として洗練された人生を創り上げるクリエイティブマーケティングコンサルタントをやっております。 「上質を少しだけ…」をモットーにシンプリシティの精神を追求しながら慎ましやかに生きておりますw
羽田和広

ピックアップ記事

  1. PIUのクラウドファンディング実績が、1億2千万円を超えました。昨年、PIUという海外メーカ…
  2. なんと、本日発売の【GetNavi】巻頭特集トレンドナビゲーションの第2位として…
  3. BONIQプロジェクトが1週間で500万円を突破しました!!ご参加してくださった方、…
  4. BONIQを手に入れたら試して欲しいおすすめレシピです。これは私自身が「美味しい!」と感…
  5. BONIQプロジェクト代表の羽田です。この度は予想を上回るご支援誠にありがとうございます…

公式アプリ

12471346_10153541813189550_813221126622091669_o itune_en gplay_en 友だち追加
PAGE TOP