自由という恐怖がある


昨日メンバーからこんなメッセージを頂きました。

「来月でようやく会社を辞める事が出来ます。
 今後ともよろしくお願いします。」

サラリーマンと二足のわらじを履きながら
独立を目指す方も多いので、稀にこの様なメッセージを頂きます。

嬉しい反面、心配でもあります。

サラリーマン時代、あんなに「独立したい!」って思ってても
いざ独立してしまうとパラダイムの違いに面食らってしまい
精神的に折れそうになる方が少なくありません。

例えば、サラリーマンの間に下地を作ってそのビジネスが
回っている状態で辞めるのであれば大丈夫かもしれませんが、
下地が無い状態では資金の目減りとすぐには変わらない現実と
理想との狭間で日和ってしまう可能性が大いにあります。

僕は後者だったのでかなり焦りました。
そして、焦れば焦る程の「貧すれば鈍す」状態へと・・・

一時期はかなりヤバいと思いましたが
何とかなりました。

むしろ、
副業の時は調子良く下地があるにも関わらず
独立して時間が増えれば加速すると思っても
そうも行かない人だっています。

何故でしょうか?

「自由だからです」

やるも自由、やらぬも自由

自由とは、全ての局面において自分自身で決める必要があります。

義務教育を受けて、普通に社会人になった人であれば
全てを自分で決めるという思考習慣がありません。

監視も居ないし、制約もない、業務もない、
好きな商品を売って良いし、幾らで売ってもいい、
どんな売り方しても良いし、誰に売っても良いんです。

あるのは「全部自分でやっていいよ」という【自由】だけ。
そうなると、【自由】とはある意味では恐怖でもあるのです。

ビジネスは、それを決める事が出来るから楽しいのだし
自由なのですが、それが逆に恐怖に感じてしまう人も居ますし、
自分の采配に確信が持てなくて行動出来ない人も居ます。

実際、輸入出来るメーカーを獲得したにも関わらず、
「売り方」がわからないという声は良く耳にします。

でも、それは分からないのではなくて
「決められない」って事だと思うのです。

店舗に飛び込み営業をしても良いですし、
Amazonで売っても良いですし、SNS集客して売っても良い。


先日、ゴルフシュミレーションマシーンを扱ってる人と話したのが
「打ちっぱなし練習場」に行って
全ての高級車のワイパーにチラシ挟んでくれば?

・ゴルフする人
・わざわざお金払って練習出来る人
・高級車乗る程お金持ってる人

こんなドンピシャのターゲットが明確に居る場所です。

正直、WEBから無作為にアクセスを流すよりも
成約しそうな気がしませんか?

であれば、チラシを挟まない理由なんて無いよねw

打ちっぱなしに行って、レクサス乗ってるおっさんと
仲良くなって飲みながらコレで遊びましょう!って
友達増やしてコミュニティ作る事も出来ます。

最初はおっさんだとしても、若いゴルフ女子を集めながら
ゴルフコンパまで主催したって良い訳ですw

共通の趣味がある夫婦なんてベストじゃないですか!?

「出会いのキッカケはこの商品です!」

なんて言ってもらえたらビジネスマンとして
最高の社会貢献になる訳です。

【自由】とは、何をやっても法律とモラルに抵触しない限り
誰にも何も言われないという状態なのです。

つまり、思考が停止したら【自由】は恐怖になり得ますが、
自分やそのお客さんが楽しんで、
アイデアが湯水の如く湧き出てくるのであれば
【自由】ほど素敵な事は無いと僕は思っています。

それを噛み締めた瞬間からビジネスは素晴らしいモノになり
それを達成すべき意味や意義が生まてくると思います。

そうなった時点で僕は成功だと思っています。

そんな時に迷わなかったり、支えられたり、
アイデアを創発させるのがPIUの役割です。




楽しんで頂けたらクリックお願いします^^

INTERNATIONALIST


こうした働き方をする貿易起業家【INTERNATIONALIST】に
興味ありましたらメルマガ登録してみて下さい。

世界の扉を自分の手で開きましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で羽田和広をフォローしよう!

Kazuhiro HADA

Kazuhiro HADAクリエイティブマーケティングコンサルタント

投稿者の過去記事

【肉体】を制御するのではなく、【志】を統率すべし。
【欲望】で制御するのではなく、【心】を統率すべし。
【思考】を制御するのではなく、【思想】を統率すべし。

さぁさぁ、世界の話でもしましょうか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者情報

羽田和広
プロフィールというか、主張はコチラ 社会に取って有意義な仕事と人間として洗練された人生を創り上げるクリエイティブマーケティングコンサルタントをやっております。 「上質を少しだけ…」をモットーにシンプリシティの精神を追求しながら慎ましやかに生きておりますw
羽田和広

ピックアップ記事

  1. なんと、本日発売の【GetNavi】巻頭特集トレンドナビゲーションの第2位として…
  2. BONIQプロジェクトが1週間で500万円を突破しました!!ご参加してくださった方、…
  3. BONIQを手に入れたら試して欲しいおすすめレシピです。これは私自身が「美味しい!」と感…
  4. BONIQプロジェクト代表の羽田です。この度は予想を上回るご支援誠にありがとうございます…
  5. 無事サクセスとなりました。 ありがとうございます!初日に100万円を超えることが出来…

公式アプリ

12471346_10153541813189550_813221126622091669_o itune_en gplay_en 友だち追加
PAGE TOP