3ヶ月【PPC広告】を実践してみた結果、色々と素敵な事が分かった。。。

先に結論から言いますが、
PPC広告を取り入れる可能性ってヤバいよねって話です。。。w

他人のビジネスのマーケティングコンサルをやってみて
色々と思ったのが、「オーナーは基本、情報発信に割く時間など無い」という事です。

媒体を作る時間や労力等のコストを考えると
成果地点が遠いワケなので優先順位を上げて取り組んでくれない。

もしくは、その気になれないと言った所です・・・

実店舗のオーナーさんであれば、毎月掛かってくる固定費の
プレッシャーがあるので、そこを気にしながら新しい集客経路を
ネットに見い出すのだが、先行投資が最大限の壁となってしまう。

僕自身が変わりに情報発信してあげるなんて事は、
情報発信の本質と矛盾してしまうのでそれも不可能である。

そんなジレンマを抱えていた僕に
PPC広告というスキルが解決策を与えてくれました。


有料集客と無料集客の違い


PPC広告を学び始めて以来、
数ヶ月間自分の媒体の更新も疎かにしながらPPC広告にフルコミットして
色々勉強・実践をしてきましたがようやくそれなりに【形】になって来たと思います。

形になったというのは、PPC広告の仕組み、ノウハウ、本質的な考え方を捉える事が出来て、
抽象度の高い視点からPPC広告を見て今までの自分の経験と融合させながら新しい方向性を
見つける事が出来る様になったという事です。

その上で思うのが、広告戦略のロジックは
今までの自分がやっていたロジックとは全く逆だと言う事です。

SplitShire-0228
僕がメインでやっていたSNS集客は、ボリュームが非常に大事です。

ボリュームがコンテンツに変わり
ボリュームが質に変わり
ボリュームが接触頻度に変わり
ボリュームが信用に変わり
ボリュームが自己成長に変わります。


要は、沢山の記事を書いて発信し続ける事が集客する上で大事なのです。

その中で、自分自身も磨かれていき、
成長しながら共感者と共に先のステージを目指す。

それが価値となり、共感者と人生をシェアする。。。と言った感覚でしょうか・・・


最も大切な価値は【誰が】発信しているか?という部分になるので、
そういった要素を伝えるには何度も何度も接触し、時間を共有する事が不可欠だからです。

ネット上でバッタリ見つけた【誰か】ではなくて、
ネット上で見つけた【この人】になる事です。

しかし、これを実店舗オーナーさんが実業と平行してやる事は
労力として物理的に難しいという事です。

サラリーマンであれば、「そんな事言ってないでやれ!嫌なら辞めれば。。。」としか思いませんが、
身銭を切って自己のリスクの上に生きている事業者に対してそれを言う事はある意味危険なワケです。


もちろん、【この人】になる事が出来れば効果は絶大なのです。

僕がこうしてビジネスを続ける事が出来るのもその
積み重ねがあっての事なのです。


他の誰からでも、WEBマーケティングの知識を得る事は可能ですが、
「羽田の切り口がしっくりくるよね」という方が残ってくれています。


それが、ブランディングであり、リストマーケティングであり、コンテンツマーケティングという事です。


しかし、PPC広告は逆の視点になります。


一度書いた文章を様々なツールを使って計測し、実測値を元にしてひたすらに磨き続ける。


こうして、成約率を極限まで高めた一つの記事に対して
あらゆる広告媒体からアクセスを流し込む事で利益最大化を追求します。


判断の全ては数字であって、自己の感覚を挟む事は一切不要なのです。


例えば、この様な感じで「ヒートマップ」というツールを
取り入ればどこがどれ程読まれているか?というのが一目瞭然です。

スクリーンショット 2016-02-26 15.28.12

この明確なデータを元にして
「ここは読まれてないから削ろう」とか
「ここ読んで欲しいのに反応イマイチだから目を惹く様にしよう」
と言った改善の手段が明確になるのです。


PPC広告をやっている人にとっては当たり前過ぎる話ですが、
僕が今までやっていたブランディング系の集客でこのスキルを活用する人は殆ど居ないと思います。

理由は、改善を前提としない日々投稿する記事をヒートマップでチェックしても意味が無いからです。


記事タイトルにしても同様です。

ブログやメルマガの記事タイトルってどういう根拠で付けていますか?

僕は試しにこんなタイトルでテストしてみました。

A:人類に共通する87%の悩みにうなだれた瞬間・・・
B:【研究成果】現代人が抱える3つの悩みを科学的アプローチで解決した方法


どっちの方がアクセスあったと思いますか?

クリック数でいえば、上記二つは100倍の【差】がありました。

テストする前にはどっちが正しいかなんて事は分からないです。
明確な理由無く「多分こっちかな・・・」程度です。

でも、それは妄想の域を出ないのです。

妄想なんて無駄な事をせずに広告出して市場に聞けばいい。
広告の本質は非常にシンプルな事です。

もちろん、アクセスが多ければ良いというワケではなくて
【量】と【質】を見て徐々に改善していく必要があります。

広告というのは、自分ではわからない市場の声を数字で教えてくれる素敵なツールって事です。


PPC広告の本質的考え方


つまり・・・

ランディングページをひたすらに研鑽する。
質が高く量の多いアクセスを集めるタイトルを探す。
【答え】に近づく為のPDCAを回す。


PPC広告の本質的スキルはこの部分です。
そして、延々それを繰り返してしつこく改善をする事です。

複雑な管理画面とか広告配信設定なんて実はどうでも良い話なんですよね。
それは言い過ぎです。。。w

ディスプレイ広告の打ち方なんて事は
GoogleやYahoo!のサイトをチェックすれば書いてありますから。

要は答えに近づく為のスキルや思考がなければ、
いくら広告を回してもお金をジャブジャブ捨てている様なものです。



逆にそのスキルがあれば、色々な方のビジネスのお役に立てるって事でもあります。


今、僕は【PPC WORKS】というチームを作って
そこを目指す為にメンバー達と実践ベースで試行錯誤しています。

20160226040711 『試行錯誤の画w』

自分達が稼ぐ為ではなくて、PPC独特の空気感を掴む為であったり、
管理画面や広告機能になれる事であったり、スキルを磨く為にあえてPPCを使ったアフィリエイト
なんかもしながらその目標を目指しています。

更に、PPCアフィリエイトをやってみて分かりましたが、
ネット通販企業の集客はこういったアフィリエイターの多くが担っているという事です。

SEOアフィリエイターも然りですが・・・

健康サプリや美容商品等は、「アフィリエイター」が動いてくれるか否かで
その成果が大きく変わってきます。

多大な数のアフィリエイターが広告やサイト作成、ポジティブなレビュー記事を
作ってくれるか否かは、経済効果で考えれば莫大な価値となります。

ただ、殆どの広告主はアフィリエイターに対して最大限のメリットを与える・・・よりも
「ウマい事アフィリエイターを使ってやろう・・・」的な感を案件内容からは感じますね。

アフィリエイターがどれ程のコストを投下しているのか?なんて事は企業側には理解出来ないでしょう。

まぁ、一部不正をするアフィリエイターが居るのも事実ですが。。。


いずれにせよ、

それをやる事で、売れる案件や売れるページが分かる様になります。
それが分かれば、その知識でネット通販企業をコンサルする事も出来ます。
広告を代理して、集客・売上アップの改善して上げる事も出来ます。
なんなら、自分でOEMサプリなんかを作って通販起業する事も出来ます。


汎用性がハンパないワケです・・・


通販で質の高いリストマーケティングを仕掛ける会社はそんなに多くありません。
であれば、今まで培ったその部分の知識も十分に役に立つと思います。

殆どの通販企業は商品を売る事しか考えていませんから。。。

と言った形で、全ての知識やスキルは結局のところ抽象度を高めれば繋がっていくのです。



人生に彩りを加えるって次元で考えてみる。


数ヶ月前は、全くといって言い程に知らない領域でしたが
間違い無くここ数ヶ月間を投下して良かったと思っています。

そして、このスキルを磨く事で
今までのスキルでは関われなかった人と関われる様になります。

より多くの人と関われるという事は、より厳選した人と関われるという事でもあります。


「この人良い仕事してるなぁ、広めて上げたいなぁ」
って人に自分からアプローチして口説き落とせば良いワケです。

物販の人であれば、情報ビジネスの視点で
奥行きのあるビジネスを構築して上げる事が出来ます。

一緒にコミュニティを作って上げる事も出来る訳です。
利益率を飛躍的に上げる事も出来る訳です。


僕の場合は、どちらかと言えば集客ダケの関わりではなくて、
その後のビジネス展開の方が得意なのでトータルで長い付き合いがお客さんと出来ると思っています。

コンサルというよりも、ビジネスパートナーといった感じですね。
性格的にも狭く深く関わる方が向いていると思っているので・・・


結局、そうやって作り上げた環境の事を人は【人生】と呼びますよね!?


5b25ad489aaad19d4c2e29aadca905db
こういった視点であれば、
【稼ぐ】というお金に囚われた次元から抜ける事が出来て、いかに人に求められる存在となるか?

その対価としてビジネスが成立するというパラダイムになります。
それがビジネスの本質ですね。。。

といった感じでいつも通り、【人生論】に結びつけましたが・・・w


もちろんスキルが付けば、スキル的に稼ぐ事は出来ます。

僕は実践3ヶ月目で【売上】から【広告費】を引いた【利益】で
今月は60万という所まで来ました。

この売上もサクっと上がった訳ではなくて、何度も何度もチューニングした
結果として0からココまでの成果になりました。

チューニング出来るのは、データがあるからです。

成約率の高い案件にアクセスを多くして、
成約率の低い案件へのアクセスをストップする。


これだけで、利益率は大きく改善します。


メンバーの実践成果も数的データで共有しているので
日々チェックしていますが、他のメンバーの多くは同様の成果を上げています。

既にコンサル受注した23歳の女子までいますから・・・

ただ、額ダケに囚われるとその先に見ている目標を見失ってしまうので
いかに自分が関われる人の範囲を広げるか?という視点をチームの目標に据えています。


という事で・・・


僕が初歩の初歩から今までやった流れをメール講座にして
提供しておりますので興味があれば登録して下さい。


「この講座のお陰で今まで全く興味の無かったネット広告をやりたいと思いました!」

というメッセージを頂けています。

是非、一緒にネット広告を学ぶ【キッカケ】となってもらえたらと思います。

コチラから登録どうぞ!

PPC広告学 実践講座無料登録


楽しんで頂けたらクリックお願いします^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で羽田和広をフォローしよう!

Kazuhiro HADA

Kazuhiro HADAクリエイティブマーケティングコンサルタント

投稿者の過去記事

【肉体】を制御するのではなく、【志】を統率すべし。
【欲望】で制御するのではなく、【心】を統率すべし。
【思考】を制御するのではなく、【思想】を統率すべし。

さぁさぁ、世界の話でもしましょうか…

コメント

    • 山本
    • 2016年 2月 27日

    初めまして、山本と申します。
    PPC(広告全般)に対して、食わず嫌いしていたのですが、非常に機会損失していると思えました。

    お金を掛けずに集客する事も可能ですが、その代わりに、
    時間が掛かるのが難点です。

    集まってくれた読者のニーズを把握するにも、そもそもの母数が小さければ、アンケートを集計しても結局は、感覚に委ねてる気がしていたので、とても為になる記事でした。


    理由はないのですが、広告費となると何故か過剰にビビっていました。

    今の時代、マス広告と違って博打的要素を排除出来る広告媒体があるみたいなので、視野を広げてみます。

    • Kazuhiro HADA
      • Kazuhiro HADA
      • 2016年 2月 28日

      正に同感で僕は勉強始めました。

      テスト精度が高いのと、
      テスト出来る回数が比にならないんですよね!

  1. 寝具販売をリアルと、ネットでやっています。
    グーグルアドワーズは経験ありますが、
    ヤフープロモーション広告は、経験がありません。

    ネットショッピングは、もう10年こえましたが、
    お金をかけていないので、このようなHPです。
    売上アップの
    効果的な方法ありましたら、教えていただきたいです。
    可能性は残っているでしょうか。

    私は、薄口醤油の産地の人間ですので、
    羽田さんの、醤油販売に興味あります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者情報

羽田和広
プロフィールというか、主張はコチラ 社会に取って有意義な仕事と人間として洗練された人生を創り上げるクリエイティブマーケティングコンサルタントをやっております。 「上質を少しだけ…」をモットーにシンプリシティの精神を追求しながら慎ましやかに生きておりますw
羽田和広

ピックアップ記事

  1. PIUのクラウドファンディング実績が、1億2千万円を超えました。昨年、PIUという海外メーカ…
  2. なんと、本日発売の【GetNavi】巻頭特集トレンドナビゲーションの第2位として…
  3. BONIQプロジェクトが1週間で500万円を突破しました!!ご参加してくださった方、…
  4. BONIQを手に入れたら試して欲しいおすすめレシピです。これは私自身が「美味しい!」と感…
  5. BONIQプロジェクト代表の羽田です。この度は予想を上回るご支援誠にありがとうございます…

公式アプリ

12471346_10153541813189550_813221126622091669_o itune_en gplay_en 友だち追加
PAGE TOP