1DAY実践型WEB広告集客特化型ワークショップをやりたいと・・・

    今月下旬に、既に提供する商品もしくはサービスを持っている方に向けた
    「1DAY実践型WEB広告集客特化型ワークショップ」を開催しようと思っています。

    士業の方でクライアントを増やしたい方
    サロン経営で店舗への集客をしたい方
    メルマガの読者獲得をしたい方
    ネットでの物販をしたい方・・・
    等々

    WEB広告を使ってネットからの【集客販売経路】を確立したい方へ向けた講座です。

    僕自身、最近の活動として
    「いろは醤油」の販売であったり、
    「モレスキンケースの」の販売であったり、
    その他の輸入品も現在仕込み中です。

    そこに加えて、「輸入ビジネス講座」と「WEB広告講座」をやっているので
    それらの読者獲得も必要になります。

    物販事業に関しては、オフラインでの営業をしていますが
    オンとオフを相乗させることで最小の労力で最大の効果が埋めると思っています。

    つまり、今当社にとって必要なことは顧客獲得に向けて
    WEB広告を活用した集客販売経路の確立なのです。

    以前にも下記のページで詳しく説明していますが、
    あなたがやるべきたった3つのWEB集客方法

    たった3つのWEB集客経路


    WEB上の集客は3つしかありません。

    広告による集客
    SEOによる集客
    SNSによる集客


    僕自身、長い間【SNS集客】をメインに活動していましたが現在は【広告集客】へとシフトしています。
    それぞれ一長一短はありますが、僕が感じる【広告集客】の大きなアドバンテージは

    ・案件を増やすのが容易であること
    ・PDCAがやり易いこと
    ・レバレッジを利かせやすいこと


    上記3点にあります。

    デメリットは、『キャッシュが出て行く』ことが一般的に上げられると思います。

    ただよく考えて頂きたいのですが、SNSやSEOは『時間と労力』が膨大にかかりますので
    僕としてはキャッシュと時間と労力をそれぞれ同じ【コスト】だと考えた場合に、そこまでのデメリットには思えません。

    むしろ、数ヶ月もの時間と労力を『広告費』で賄えるとすれば
    『キャッシュが出て行くこと自体』はデメリットではありません。

    そこから【費用対効果】を生めない人がデメリットと思っているだけです。

    広告の本質をそう捉えることが出来たので昨年より僕自身が広告を学び、実践して資格まで取得しましたw

    Logo_adv_B_2016

    WEBマーケティングをシンプルに捉える

    ngspc_0077
    WEB広告を活用したマーケティングは非常にシンプルなのです。

    1. 商品・サービスを用意する
    2. 商品・サービス販売へ向けた導線を設計する
    3. 見込み客獲得のランディングページを作る
    4. そのランディングページを広告に出す
    5. 実データを基にして費用対効果が出るまで、改善をする


    たった5つのステップです。

    実際、このフローは広告のみならず、SEOでもSNSでも全く同じです。
    4番と5番が違うだけです。

    SEOでもSNSでも広告でも、
    成果が出ている人は上記のシンプルなフローを理解していて、
    成果が出ていない人は上記のフローが理解出来ていないダケ
    です。

    あとは、【集め方】と【改善の仕方】が大きく変わってくると言うことですね。

    その違いは下記の記事に詳しく書いてあるので読んで下さい。
    あなたがやるべきたった3つのWEB集客方法

    では、広告メリットをもう少し掘り下げてみましょう。

    先程上げさせて頂いた、3つのメリットを詳しく解説します。

    ・案件を増やすのが容易であること
    ・PDCAがやり易いこと
    ・レバレッジを利かせやすいこと

    案件を増やすのが容易であること


    まず一つに、基本的な流れはLPを作ったらそれで広告を打つことです。

    SNSやSEOであれば、「媒体そのもの」を作らなければならないのですが、
    広告の場合は「LP」です。

    作る労力が圧倒的に違います。

    LPは一枚のペラページです。
    ターゲットを設定し、訴求ポイントを決めたら
    文章を書いて、画像や動画を配置し、デザインしたら完了です。


    媒体はブログやFacebookアカウント、YouTubeチャンネルそのものです。

    ターゲットを設定し、訴求ポイントを決めたら
    沢山の入り口を作るためにコンテンツをひたすら量産します。

    数ヶ月それを繰り返して、ようやく「成果」もしくは「改善点」が見えてくるのです。

    つまり、僕の様に

    「醤油を販売して・・・」
    「パソコンケースを販売して・・・」
    「輸入講座をして・・・」
    「WEB広告講座をして・・・」

    なんてことをしていたら、それぞれの媒体を作るのにどれ程の時間と労力を
    投下するればいいのか分からないのです。

    そして、「醤油」一つとってみても【ターゲット】と【訴求ポイント】が変われば
    媒体を1から作り直しなんてことになるワケです。

    「専業主婦向け」か「料理男子向け」かによって
    媒体の訴求やデザイン等全てが変わってくる訳です。

    専業主婦にとっては、料理は【日課】であり、
    料理男子にとっては、料理は【趣味】なのです。

    ターゲットの前提条件が変われば訴求ポイント表現自体が大きく変わるのです。

    そうなると、LPであればサクッと作り替えて出せばいいダケです。

    このフットワークの軽さは、ビジネスにとってもの凄いメリットになると思っています。


    PDCAがやり易いこと


    広告の場合、作ったランディングページのパフォーマンスを
    向上させていくことが大きなポイントになります。

    つまり、チェックすべきは1枚のペラページとなるのです。

    そして、広告機能の一部として様々なデータの取得が可能となるので
    「実測値」をベースにしてPDCAを行うことが出来ます。

    さらには、広告に出稿したその日からデータが取れる様になるので
    データの量と質が圧倒的に変わります。

    SEOであれば、サイトにアクセスが集まるまでに数ヶ月を費やすなんてことは普通にあるワケで、
    そもそも改善するデータを取ること自体に膨大な労力がかかるのです。

    その時点で、その間はPDCAは回せません。
    ひたすら、未来を信じて記事を量産するということが大事になるのです。

    もし、ターゲットがズレてたら?
    もし、訴求ポイントが響かなかったら?

    それを知るのに数ヶ月かかるのです。

    またGoogleに好かれるサイト構築理論が有るか無いかでその成果も大きく変わってくるのです。
    そして、その理論はGoogleにより日々進化と変化し続けるのです。


    レバレッジを利かせやすいこと


    これも大き過ぎるメリットです。

    LPを改善して「費用対効果」が取れる様になればあとはアクセルを吹かせば良いのです。
    つまり、広告費を投下して、広告掲載場所を増やすと言うことです。

    広告運用で大事な視点は、小さく始めて『テスト』と『改善』を繰り返して
    費用対効果が出るまではセーブすることです。

    しかし、ひとたび費用対効果が出るのであれば
    資金を投下することで掲載場所を増やすことが出来る様になります。

    例えば、『20代男性の成約が低く』『30代男性の成約が高い』というデータが取れれば

    取るべきアクションは誰が考えても

    『20代男性への広告費をカットして、30代男性へ投下する』

    同じ10万円という予算の使い道をこの様に最適化させていくことが広告運用なのです。

    費用対効果の高いターゲットへピンポイントで広告を打てることが
    広告主体のマーケティングの素晴らしさです。


    SEOやSNSは【待ち】の媒体なので、この戦略を取ることが出来ません。

    アクセスが集まれば「費用対効果」を生めるのにアクセスが集まらない・・・
    なんてことが【広告】に関してはあり得ないのです。

    ngspc_0068

    と言うことで・・・


    出来る限りシンプルに解説させて頂いたつもりですが、
    上記は僕が理解している広告の本質的視点です。

    どうでしょう?
    この理解があれば、「人生においてWEB広告を勉強する価値はある」と思えないでしょうか?

    僕がWEB広告を勉強し始めた大きな理由はこの理解によるモノです。

    そこで、学習・実践するのに大きな弊害となるのが

    ・包括的に学ぶことが出来ない・・・
    ・学ぶ為の時間が取れない・・・
    ・LPを作ることが出来ない・・・
    ・費用対効果を導き出す方法論が分からない・・・
    ・学んでも実践するのが難しい・・・

    といったことだと思います。

    それを解消する為に
    「1DAY実践型WEB広告集客特化型ワークショップ」
    を企画しようと思っています。

    たった1日で

    ・各種広告解説
    ・市場調査
    ・他社分析
    ・自社分析
    ・LP作成


    までをワーク形式で一気にやろうと思っています。
    サラッといいましたが、結構ハードだと思います。

    僕もそうですが、みんなも忙しい訳です。

    僕が常々思っているのは、「一日で大枠を知ることが出来る講座」
    と言うのは非常に価値があると言うことです。

    しかし、大概は知識だけ得て知識欲を満たして気持ちよくなったダケで
    その後を自分で継続してやることは難しいのです。

    そんな経験を僕自身も腐る程しているので敢えて「ワーク」を追加して

    【たった1日で成果物を持って帰ってもらう為の実践型講座】

    になります。

    ハッキリ言います・・・

    始めての試みなので、どこまで出来るか分かりません。
    カリキュラムがカリキュラムなので、脳みそがパンパンになるでしょう。

    でも、この1日が自分の人生に与える恩恵を考えて頂きたいと思います。

    「やる価値を感じませんか?」

    準備が出来たら先行特典付きの案内を差し上げますので
    興味がありましたら下記よりメルマガの登録して下さい。


    1DAY実践型WEB広告集客特化型ワークショップ登録


    基本的に既にビジネスをされている方のみが
    参加すると思いますので非常に楽しい場になるのではと思っています。

    まぁ、人数は少ないかも知れませんが
    その分熱いワークをしたいと思っています^^

    次回はもう少し、
    広告の有用性について深掘りしてお伝えしますのでお楽しみに!!


    楽しんで頂けたらクリックお願いします^^

       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter で羽田和広をフォローしよう!

      Kazuhiro HADA

      Kazuhiro HADAクリエイティブマーケティングコンサルタント

      投稿者の過去記事

      【肉体】を制御するのではなく、【志】を統率すべし。
      【欲望】で制御するのではなく、【心】を統率すべし。
      【思考】を制御するのではなく、【思想】を統率すべし。

      さぁさぁ、世界の話でもしましょうか…

      コメント

      1. こんにちわ、いつも、拝見させています。
        布団屋です。
        ネットショップに、爆発的に集客する方法。
        1つの商品に絞って、売る方法ございませんか。

      1. この記事へのトラックバックはありません。

      著者情報

      羽田和広
      プロフィールというか、主張はコチラ 社会に取って有意義な仕事と人間として洗練された人生を創り上げるクリエイティブマーケティングコンサルタントをやっております。 「上質を少しだけ…」をモットーにシンプリシティの精神を追求しながら慎ましやかに生きておりますw
      羽田和広

      ピックアップ記事

      1. BONIQを手に入れたら試して欲しいおすすめレシピです。これは私自身が「美味しい!」と感…
      2. BONIQプロジェクト代表の羽田です。この度は予想を上回るご支援誠にありがとうございます…
      3. 無事サクセスとなりました。 ありがとうございます!初日に100万円を超えることが出来…
      4. 香港から帰国の機内映画で「海賊と呼ばれた男」を観てました。すぐに影響されてしまいます^^…
      5. 「売るために売る」 「文化を作るために売る」同じビジネスでも最初の視点が違うと全く違…

      公式アプリ

      12471346_10153541813189550_813221126622091669_o itune_en gplay_en 友だち追加
      PAGE TOP